アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

歯間ブラシ vs デンタルフロス

桜新町駅徒歩1分の『アロマデンタルオフィス』です

■歯間ブラシとデンタルフロスはどちらを使うべき?

 

歯に付着したプラークや食べかすは、歯ブラシだけできれいに取り除くのは困難です。とくに歯と歯の間の汚れは、専用の補助的清掃器具でなければ一層できません。そこで迷うのが「歯間ブラシ」と「デンタルフロス」ですよね。

 

▼歯と歯の間の距離が長い人

 

歯と歯の間の距離が長い人は、歯間ブラシがおすすめです。歯間ブラシは、その名の通り“ブラシ”が付与された器具で、ヘッドの部分が比較的太いです。そのため、歯間距離が短い人は、そもそも歯間ブラシを挿入することができません。ちなみに、歯間距離は加齢や歯周病によって徐々に広くなる傾向にあります。

 

▼歯と歯の間の距離が短い人

 

歯と歯の間の距離が短い人は、デンタルフロスがおすすめです。デンタルフロスは、糸のように細い器具なので、歯間距離が短くても挿入することができます。どちらかというと若い人、あるいは、歯や歯茎が健康な状態にある人向けの補助的清掃器具です。歯列の部位によっては、デンタルフロスすら挿入できない場合もあるかと思います。そうした部位に無理してデンタルフロスをねじ込む必要はありません。食べかすなども詰まりにくいため、通常のブラッシングだけで十分といえます。

 

▼まとめ

 

このように、歯間ブラシとデンタルフロスは、歯間距離によって使い分ける必要があります。どちらか判断できないという人は、お気軽に当院までお越しください。口腔ケアの専門家である歯科衛生士が最適な器具の選び方をアドバイスいたします。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ