アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

歯ぎしりで削られる自分の歯

桜新町駅徒歩1分の『アロマデンタルオフィス』です

■歯ぎしりで歯並びが悪くなることはある?

歯並びの乱れは、遺伝的な因子だけが原因となるわけではありません。歯ぎしりのような悪習慣も歯並びを悪くすることがあります。そこで今回は、歯ぎしりで歯並びが悪くなるメカニズムをわかりやすく解説します。

▼歯ぎしりで歯が摩耗する

毎日の食事の中で、歯がすり減ることはありません。食事中は歯と歯の間に食べ物が介在しており、クッションとしての役割を果たしているからです。また、噛む力の強さは厳密にコントロールされていて、歯の摩耗や破折などを招くことはないのです。一方、歯ぎしりで噛む時の力は加減されていないので、歯に対するダメージもその分大きくなります。習慣的に歯ぎしりをしている人の歯は、摩耗が認められるのが一般的です。歯が摩耗するとかみ合わせが低くなり、全体の歯並びも大きく乱れていきます。

 

▼歯の移動が起こる

歯ぎしりや食いしばりで歯が移動することでも歯列不正や不正咬合が生じます。これは矯正治療とほぼ同じメカニズムです。歯に対して日常的に強い力が加わることから、歯が移動して、出っ歯や乱ぐい歯などの歯列不正を引き起こすのです。その他、歯ぎしりは顎関節症の原因にもなりやすいため十分注意しましょう。

▼まとめ

このように、歯ぎしりは歯並びやかみ合わせの異常を引き起こすことがあります。お口の健康にとってデメリットしかないため、早期に改善するのが望ましいです。

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ