アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

根管充填って何をしてるの?

桜新町駅徒歩1分の『アロマデンタルオフィス』です

■根管充填って何するの?

 

歯の神経まで侵された虫歯では、歯の根の治療が必要となります。専門的には根管治療と呼ばれるもので、その中には「根管充填(こんかんじゅうてん)」というプロセスも含まれています。あまり聞きなれない言葉なので、どのようなことをする処置なのか不安に感じている方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は根管充填についてわかりやすく解説します。

 

▼根管治療の最後に行う処置

 

根管治療は、歯の根の中をきれいにお掃除するのが目的です。虫歯菌に感染した神経や血管などを一掃します。汚染された歯質も削り取っていかなければなりません。根管内はとても細く、複雑な構造をしているため、根管の清掃にはかなりの期間を要します。そうして根管内の殺菌・消毒が完了したら、最後に根管充填を行います。

 

▼根管内を薬剤で満たす

 

根管充填は、根管内を無菌化させるための仕上げの処置です。殺菌作用のある薬剤とガッタパーチャと呼ばれるゴムのような素材を根管内に詰め込みます。根管充填後にレントゲン撮影を行うと、根管内が白い材料で緊密に塞がれているのを確認することができます。その結果、根管内を無菌化でき、なおかつ細菌が再び侵入するのを防ぐことが可能となります。

 

▼まとめ

 

このように、根管充填は歯の根の治療の最後に行う処置です。根管内を薬剤で満たすことで、虫歯を完治させることができます。根管充填をしっかり行えば、虫歯の再発リスクも大きく減少します。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ