アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

チョコレートは虫歯になる?

桜新町駅徒歩1分の『アロマデンタルオフィス』です

■チョコレートを食べると虫歯になりやすくなる?

 

おそらく皆さんも、“チョコレートばかり食べていると虫歯になる”と、親御さまから叱られた経験があるかと思います。確かに甘い物は虫歯になりやすそうですが、実際のところはどうなのか、気になりますよね。そこで今回はチョコレートがどれくらい虫歯のリスクを上昇させるのか、わかりやすく解説します。

 

▼チョコレートが虫歯になりやすい理由

 

結論から言うと、チョコレートは2つの点で虫歯のリスクを上昇させます。1つは糖分です。一般的なチョコレートのお菓子やケーキには、非常に多くの砂糖が含まれています。砂糖であるスクロースは、ミュータンス菌の大好物であり、お口の中に含んだ時点で虫歯のリスクは上昇します。また、チョコレートは粘り気が強く、そしゃくして飲み込んだあとも、その一部が歯面に残りますよね。それをエサとして虫歯菌が活発に活動し、虫歯のリスクを上昇させます。

 

▼代用糖なら問題ない?

 

実は、虫歯菌がエサとできる糖質は、スクロースなどの一部に限られます。最近、普及し始めている代用糖は、甘い物の虫歯菌がエサにできないため、チョコレートの形で摂取しても虫歯リスクの上昇を抑えることが可能です。そういう意味では、チョコレートが必ず虫歯のリスクを上昇させるわけではないともいえます。

 

▼まとめ

 

このように、市販されているチョコレートの多くは砂糖が含まれているため、虫歯になりやすくなります。虫歯を予防したい方は、その摂取量を控えることが大切です。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ