アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

タバコを吸っていると虫歯になりやすい?

こんにちは!「桜新町」駅から徒歩1分の歯医者『アロマデンタルオフィス』です!

 

■タバコを吸っていると虫歯になりやすい?

 

喫煙習慣は、身体のさまざまな部位に害を及ぼします。最もわかりやすいのが肺を始めとした呼吸器ですが、実は虫歯との因果関係も認められます。そこで今回は、タバコを吸っていると虫歯になりやすくなる理由をわかりやすく解説します。

 

▼歯垢や歯石が形成されやすくなる

 

タバコの煙に含まれるヤニは、粘着性が高く、歯面にステインとして付着します。さらにそこには歯垢や歯石の形成が促され、細菌繁殖の温床となってしまうのです。タバコのヤニは歯を黄ばませるだけでなく、虫歯のリスクも上昇させるということを知っておいてください。

 

▼口腔乾燥を引き起こす

 

唾液には、お口の中を保湿するだけでなく、抗菌作用や殺菌作用、自浄作用などが期待できます。タバコを習慣的に吸っていると、お口の中が乾いてしまい、唾液による効果が減弱します。その結果、虫歯のリスクが上昇します。

 

▼最も注意すべきは歯周病

 

実は、タバコは虫歯よりも歯周病との関連が深いことがわかっています。これはタバコの煙に含まれる一酸化炭素やニコチンが歯周組織の免疫力を低下させてしまうからです。そのため、ヘビースモーカーの方は、歯周病のリスクが極めて高くなっています。

 

▼まとめ

 

このように、タバコを吸っていると、いくつかの理由から虫歯や歯周病のリスクが上昇しますので、習慣的に喫煙している人は、積極的に節煙や禁煙を行っていきましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ