アロマデンタルオフィス

ブログ

blog

メタルフリーとは?

桜新町駅徒歩1分の『アロマデンタルオフィス』です🌸

■歯科治療で金属アレルギーを発症するのはなぜ?

 

一般的な金属アレルギーは、身体の表面に装着した金属製の装飾品で発症します。具体的には、金属製のピアスやネックレス、腕時計などです。そこで不思議に感じるのが歯科治療が原因となる金属アレルギーですよね。

 

▼銀歯が金属アレルギーの原因になる

 

虫歯を削ったあとには、銀歯と呼ばれる詰め物・被せ物を装着することがあります。これらはいくつかの金属を組み合わせて作られた“合金”であり、その中に金属アレルギーを引き起こす金属が含まれていることも珍しくありません。しかも、お口の中というのは常に唾液によって湿度が100%になっており、金属イオンが溶出しやすいのです。溶け出した金属の一部が歯茎の血管を通して体内に入ると、金属アレルギーを発症します。

 

▼心配な人はパッチテストを受ける

 

歯科治療による金属アレルギーが心配な人は、パッチテストという検査を受けましょう。皮膚にシールを貼るだけの簡便な検査なので、気軽に受けることができます。パッチテストでは、具体的にどの金属にアレルギー反応が生じるのかがわかるため、治療法や使用する材料を選択する際の指標となります。

 

▼メタルフリー治療なら安心

 

今現在、金属アレルギーがなくても、将来的に銀歯がアレルギー反応を引き起こすこともあります。その点も踏まえると、あらかじめメタルフリー治療を選択しておいた方が良いともいえます。

 

▼まとめ

 

このように、歯科用合金を用いた治療では、金属アレルギーのリスクが発生しますので、十分に注意しましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ